読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

例えば美味しいビールになったり

嵐さんとうぇすとくんがすき。

小瀧望について

ジャニーズWEST

 

 

前回散々述べたように私は二宮和也が好きで、最早崇拝している。二宮さんが愛なら望は完全なる恋だ。担当、と名乗ることまではしなくてもヤスくんのことを好きになって、ライブで聴いた彼の声に歌い方に泣いたりした(これで担当じゃないというのもどこか変な気がするけど)。それでも私の特別は二宮さんだと譲らなかったその枠を、彼は急に掻っ攫っていったのだ。王子様だ。私の中の望は、ニヒルな笑みを浮かべながら人たちの心を奪う王子様だ。もしかしたらルパンなのかも知らないし、そんなことを考えていたらいつか望にルパンとか、今やってる山猫とかそういった怪盗役を演じて欲しいなどと思考が暴走してしまうほど、今の私の脳内は望で埋め尽くされている。今回は、そんな突如現れたスーパー怪盗小瀧望について書き残したいと思う。

 

 

前にも言ったように私がWESTを好きになったのはつい最近観たDVDだ。だから知識も浅ければ彼らを見てきた月日なんてこれっぽっちだ。それでもこの先彼らがトップへと駆け上がっていく姿が容易く想像できてしまうし、その姿を見ていたいと本気で思っているのでどうか、許してほしい。因みに個人的にジャニスト呼びよりWEST呼びの方がしっくりくる派だ。話を戻して、そのDVDを観た一度目の印象は次のようになっている。

中間淳太 : ヨコみたい。ナルシストだなあ。でも愛されてるなあ。

濱田崇裕 : 細い。よく分かんないけど好きだ。

桐山照史 : この人の歌が埋もれてていいわけがない。1番アイドル。

重岡大毅 : 顔がうるさいなあ(愛) センターだったのね。ずっと楽しそう。

神山智洋 : 知り合いと名前が同じだからサイコーに気になる。赤い。多才。

藤井流星 : 顔が綺麗すぎて頭おかしくなる。MCに入ってこないタイプ。銀色の衣装似合いすぎて頭おかしくなる。

小瀧望 : 最年少…? 「のんちゃんはないわあ〜(実際の声)」

うぇすと : 楽しい。格好いい。想像していた5倍は沼。

割と本気だ。隣で一緒に見てた母に「コンサート行きたい!!!推すなら濱ちゃんかな〜智洋かな〜」と言っていた。因みに私がWEST堕ちたのは確実にSummer Dreamerだ。メンバーたちの名前が混ざっていると気が付いてすぐ戻したし自分の名前の歌詞でのアップなるメンバーそれぞれのキラキラ感だったり、私の想像にはなかった彼らの予想外の爽やかさにKOだった。そして推しが決まらないまま私の心は完全に奪われWEST禁断症状を引き起こし直ぐに2回目を見ることになる。しかしその時はなにかをしながら、声を聞いて、気になると顔を上げて、と言った感じだった。そして気付く。「あ、この声好きだな〜!」と言いながら顔を上げれば歌っているのが必ず小瀧望なのだ。お察しかもしれないが、声フェチである。声だけじゃない、ブレスや強弱等、個人それぞれの歌い方を聴きこむのが好きだし、好みに引っかかった歌い方の人は、その人自身も好きになっている。二宮さんも、ヤスくんも例外じゃない。そしてそのセンサーに引っかかったのが望だったのだ。そこから目が追うのは完全に望だし、でもそんなのんちゃーん♡!なんて呼びたくなかったし、そしてここで最大の葛藤が訪れる。彼の年齢だ。彼は今19歳、私の1つ上である。私の中でもうWESTに貢ぐことは決めていたけれど、その中心となる相手が1つ上…?あまり共感の得られない葛藤かもしれない。お姉様方からしたら歳下に貢いでいる人もたくさんいるし、Jr.を応援しているのならもうほとんど歳下だ。しかし私がそれまでの8年間貢いでいたのは14歳差の二宮さんであり、私の中のジャニーズは、歳上なのだ。それがもうデビュー組でさえ1つ上まで迫っていている。そのことがなかなか飲み込めなかった。でも、彼が捨てられなかった。ただ、歌声が、歌い方が好きなだけだったのに、何度もDVDを観るうちに彼の立ち振る舞いとか、喋り方とか、末っ子キャラなところでさえ可愛く見えてくる始末に、私は簡単に折れた。思ったより早かった。母に「私望に貢ぐ」と宣言してから、地道に貢いでいる。ちなみに葛藤時にのんちゃん呼びが飲み込めなかったことを引き継いで望、と呼ばせてもらっている。最近の悩みはもし望に遭遇したときに望と呼んでいいものなのかと言うことだ(ないから)。

 

結局簡単に折れて晴れて望担となった私に母が言ったのは、「望の目の動き独特やな」でした。私の中で望という存在は今まで好きになった人たちのタイプとは違う、イレギュラーなものだと思っていたのに。そう言われもう一度よく彼を見てみると私は結局、自分を上手く見せれるあざとい人が好きなんだと気付く。二宮さんも、ヤスくんも系統は違えどあざとい。格好いいか可愛いかで言えば可愛いが勝つ。そういう人が好きなのだ。ちなみに、巷ではイケメンだの格好いいだの言われている望は私にとったら「ああああ可愛い;;;;可愛すぎる;;;;天使か;;;;尊すぎるだろ;;;;;」的な存在です。基本自担は乏すよりも溺愛したいタイプです。ただ、彼のなかにもしっかりとした芯を感じる。彼が19歳に見えなかったのは大人びた顔だけじゃない、自分のなかにしっかりと自分があってそれを歌で、躍りで、トークで見せてくれてる。ラジオを聴いていたら彼は自分の意見を強く主張するタイプだと思える。好きも嫌いも、しっかりと。関西人らしいと言われればそうかもしれないけれど、それだけではない強さがあると思う。ただ、そんな大人びた彼が最年少なのだ。私は望を最年少としてグループに所属させてくれたことに対して、ジャニーズ事務所に深々とお礼を申し上げたい。彼は根っからの末っ子気質だと思う。その彼の個性を存分に受け止めてくれるお兄ちゃんたちが6人もいる。ただ甘過ぎだろう君たち望に。それくらい自由にボケて笑って寝て、と動き回る望は本当に魅力的だ。等身大を感じる。それでいてしっかりとしたアイドルなのだ。WESTの中で自己アピール力が強いのは言わずもがな中間淳太だけれど、小瀧望も負けていない。彼の格好よさは天然と人為、そのうまいバランスで成り立っている。私の中の小瀧望はもうナチュラルにシンプルに圧倒的にリア充だ。小学校も中学校も高校も、どこでも楽しんじゃう系男子だ。きっと気付かないうちに何人もの女の子を虜にしてきただろうし、それは天然によるものだと思う。それでも彼は、自分のビジュアルの高さはしっかり把握している。どの顔が好かれるのか、求められているのか、ちゃんと分かっている。それを、わざとでも、そして時に天然でも出してしまう。そんなのずるいよな~!そんな望の中にある儚さがとても好きだ。それだけキラキラしていて堂々としているのに、彼が目を伏せた瞬間私は世界が止まったように思える(大袈裟)。この人も伏せ目が似合う人だ。強いのに、真っ直ぐなのに、儚いのだ。あんなに背が高いのに、街中で見かけたらすぐに分かりそうなほどの存在感があるのに、それでも急にどこかに消えてしまいそうな雰囲気がある。だから目を離せないのかもしれない。

 

二宮さんに対し、望への記述がこんなに曖昧なのは、見てきた年数が圧倒的に少ないからだろう。出来ることなら7WESTとして活躍していた望のことも見たかったし、4人に選ばれたときの彼の気持ちをリアルタイムで受け止めたかったし、1番の欲は黒髪望を生で拝みたかった!!!!なので是非黒髪役を彼にください。だからこれが、たった半年だけれど私が追えるだけ追った彼への気持ちである。そしてこれからもっと、成長していく彼を見ていきたい。そのために1つ、考えたことがある。書いておきながらとてつもなく失礼なことばかり並べてしまったので、閲覧は自己責任でお願いします。

 

ジャニーズWESTとして最初に名前の上がった4人のうち、私は望だけ知らない人だった。照史くん、重岡ちゃん、淳太くんの3人は他の地域では分からないけど、関西にいればJr.を追っていなくても見覚えのある顔だった。WESTを好きになって、彼らのデビュー時のことを知って、4人のうち覚えてなかった1人が望だと分かった時も、どうして彼があそこで選ばれたんだろうと担当相手ながら思ってしまった。勿論、どうしてあの4人だったかを知る術はないけれど、彼は知名度じゃない何かを秘めて選ばれたのだと思う。その何かを、彼はまだどこかで燻らせているような気もする。嵐さんにもなると、もう5人の名前と顔は一致して、それぞれの大まかな性格を知っている人が多いだろうけれどWEST自体の知名度がまだ足りない分、仕方ないことなのかもしれない。私は、過去のデビュー組の売れ方を見ていて、WESTの起爆剤は濱神の2人だと思っている。2人の活躍が注目されるとき、WESTがぐんっと人気を伸ばす時だろう。また流星は役者として、あのルックスを生かしメディアに露出していくだろうと思う。知名度の高い3人はテレビに出る回数がもともと多い分、個々で活躍するだろう。ただ、望は。彼も多才である。濃いながら整った顔立ちに184センチという長身(それあってのFB抜擢だろう)、歌も歌えるし演技もこれから期待する余地がたくさんある。またWESTの中でも更に喋れる側の人だ。ただ、彼はここからどうやって伸びていくだろう。彼の持っている素敵な原石たちを、彼はどうやって磨き、人々に見つけてもらうのだろう。私は彼のことが好きで好きで仕方ないし、見つけてもらった暁にはもうとんでもなく羽ばたいていくのだろうと思うけれど、それと同時に不安も残る。ただ、この不安を感じさせてくれる距離にいる間に彼に会えてよかったと思う。これから見守っていきたい。彼が次に二十歳を迎え、そしてこれからとんどん、彼の言うようにステップアップしていく姿を、どうか、見ていきたいと思うのだ。

 

二宮さんが完成されたものなら、望はまだまだ不完全で、ただそれゆえにとてつもなく愛しい。19歳という未来を自由に描けるときに彼に出会えて本当によかった。愛も不安もくれるこれこそAll My Love.